定年退職の年齢が遅くなっている現状を踏まえての、再雇用・再就職情報。定年退職者の退職金制度や雇用保険の失業等給付の内容について。
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失業等給付については、雇用保険の被保険者の方が定年により離職した場合でも支給されます。
倒産・解雇者による離職者は最大330日と手厚い給付日数となりますが、定年退職の場合は、20年以上勤務で150日となっています。
また、定年の場合は自己都合退職と違い、事業主都合の解雇と同じように3ヶ月の制限はありませんので、すぐ失業給付を受けることができます。
スポンサーサイト
定年退職の退職金は満額支払われるのが普通です。退職金が多くあれば、すぐに再就職せずに趣味や旅行に時間を当てても良いのでしょうが。
定年退職の場合は、再就職の就職活動を行えば、20年以上勤務で150日分の失業手当がもらえます。再就職ではなく、今までの職務経験を生かし、起業する人も結構いるみたいです。
いずれにしても、実際に5ヶ月もあれば再就職にかかる期間としては十分にありますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。