定年退職の年齢が遅くなっている現状を踏まえての、再雇用・再就職情報。定年退職者の退職金制度や雇用保険の失業等給付の内容について。
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今までの年金制度では、60歳からもらえましたが、現在では原則として65歳からしか年金をもらえなくなってしまいました。
近年、サラリーマンの定年は60歳よりも早くなる傾向があり、65歳からの年金支給では正直苦しいものがあります。最短でも5年間は働かない限り、収入がないわけですから。
厚生年金については現在、定年を定める年齢が段階的に引き上げられている時期であり、以下のURLに詳しい情報が載っています。

参考URL
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/kaishi.pdf
現在の年金制度は※出典:社会保険庁HP「老齢年金」
65歳までにもらえる年金は、定額部分については昭和16度(女性は18年度)から引き上げられ、3年に一度のペースで引き上げられていきます。
平成25年度からは、報酬比例部分の引き上げが始まり、平成37年度には完全に65歳から年金支給となります。


年金制度改正で65歳からのう支給に

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teinanntaisyoku.blog99.fc2.com/tb.php/8-f968a559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。